2020
08.22

さらば「VR酔い」、脳の働き生かした世界初の基礎理論

VR/AR

新型コロナウイルスによって人との接触や国内外の移動が大幅に制限されたことから、VR(Virtual Reality)への期待が高まっている。その普及に向けた最大の障壁といえるのが「VR酔い」だ。国内の研究者がVR酔いを低減する理論を提唱し、効果を確認した。今後、VR機器やコンテンツの開発に大きな進展をもたらす可能性がある。

掲載元【日経クロステック】さらば「VR酔い」