2020
08.15

デジタル人民元、テスト運用を香港など広範囲に拡大

デジタル通貨

中国の商務省が、デジタル人民元のテスト運用の実施地域を、首都の北京や香港など広範囲に拡大すると正式に発表した。
14日に、実験利用は北京、天津、河北省、長江デルタ地域、広東省、香港、マカオで実施すると説明。条件を満たせば、他の中国の中央・西部地域も参加できる。このプロジェクトは同国中銀の中国人民銀行(PBoC)が主導する。
中国のデジタル人民元発行に向けた取り組みは2014年に始まった。正式なローンチ日は発表されていないが、最近は試験運用が加速している。3月までは基本設計や法整備などの取り組みが報じられいたが、4月以降はテスト運用に関する報道が相次いだ。
最新の情報としては今月、深センなどの都市にある国有銀行の従業員が、アプリを利用して送金や決済を内部で試験的に行っていることが分かった。デジタル人民元の正式なローンチに向け、水面下で着々とテスト運用が行われていることが伝えられている。

【掲載元:COINPOST】テスト運用地域を拡大へ