対応機器が増えても自動変換 配信者が楽できるアルファコードの『VRider DIRECT』

Date
2018.01.08
Category
ニュース, 技術
Written by
編集長

アルファコードは、同社の開発している「VRider DIRECT」が、Windows Mixed RealityとPlayStation VRに正式対応を発表した。

『VRider DIRECT』は今まで専門的な知識が必要だったVRコンテンツの作成・編集・配信までが、誰でも簡単にできるワンストップシステムだ。

以前より、iOS、Android、HTC VIVE、Microsoft HoloLens、IDEALENS等に対応していた。

今回の対応によって、『VRider DIRECT』を利用した朝日新聞が提供するニュースアプリ『NewsVR』もコストをかけることなく新メディアへの対応が可能になったという。

『VRider DIRECT』が持つクラウド上での変換機能により、動画VRコンテンツは自動で各メディア用に変換する。

そのため、朝日新聞社のNewsVRをはじめとしたVRider DIRECTを利用したサービスやアプリは、利用者側で動画VRコンテンツを変換することなく、一切の手間をかけずに新メディアへ対応することが可能だ。

アルファコードは、VRider DIRECTを皮切りに、VR関連ソリューションをWindows Mixed Reality、PlayStationVRをはじめとした、様々なVR再生メディアに対応していく予定とのこと。


■アルファコードのVRコンテンツ・ソリューション一覧

・「VRを民主化する」VR/MR CMS VRider DIRECT

https://www.alphacode.co.jp/solution/20170627082530.html

・「8K動画VRコンテンツ制作ソリューション」VRider plus

https://www.alphacode.co.jp/solution/vriderpluscriware.html

・「8KVR動画ソリューションパッケージ」VRider

https://www.alphacode.co.jp/vrsolution.html

広告




広告




広告




広告