スマートグラスVuzix、ラスベガス開催のCESに出展

Date
2018.01.06
Category
ニュース, 技術
Written by
編集長

Vuzix Blade (PRNewsfoto/Vuzix Corporation)

スマートグラス、AR(拡張現実感)、VR(バーチャルリアリティ)技術を扱うVuzix Corporationは、ラスベガスで開催のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、「Vuzix Blade」を含む次世代のスマートグラスと拡張現実感に関する技術を展示すると発表した。

「Vuzix Blade」はこれまでに開発したもの中で最もコンパクトで洗練されたARスマートグラスだという。

会場では、「Vuzix Blade」の汎用性と有用性をハイライトしたデモンストレーションを行うという。

例えばスマートフォンと無線接続し、位置情報コンテンツを表示ができる。この際スマートフォンはポケットの中に入れたままにすることができる。

これによって小売業者や企業の従業員は、Vuzix Bladeを利用してバーコードをスキャンしたり、作業手順書をみたり、写真を撮影したり、自分自身が見ているものを遠隔地にビデオ配信することが可能だ。

その他にも、M300スマートグラスで購入可能なサービス(SaaS)サブスクリプションで遠隔作業支援及びテレプレゼンスソフトウェアであるVUZIX Basics ビデオソリューションを展示なども行う。

同社の展示は、ラスベガスコンベンションセンター(LVCC)のセントラルホール小間番号#17147にて1月9日から12日まで展示する。

広告




広告




広告




広告