VR上で臨場感のある育児体験ができる、VR赤ちゃんシミュレータ「Real Baby – Real Family」が開発

Date
2017.04.25
Category
ニュース
Written by
編集長
baby

神奈川工科大学は、同大学の3年生たちが開発した、VRで赤ちゃんを再現するプロジェクト「Real Baby – Real Family」が、「第24回国際学生対抗VRコンテスト(IVRC2016)」での「Laval Virtual Award」などを受賞したと発表した。

Real Baby – Real Familyとは

ディープラーニングを使った顔画像処理により、自分と相手の顔画像を元に3Dでそれぞれの特徴をもった赤ちゃんを再現。追跡対象の赤ちゃん人形と組み合わせて実際にVR上で抱いたり、ミルクをあげたり、げっぷをさせたり、あやして寝かしつけたりなどの育児体験ができるというもの。



赤ちゃんの顔生成には、自分と相手の顔画像の特徴点からモーフィングし平均を割り出し若年化させることで実現したとの事。ブレンド率は任意で決定でき、60%くらいが好ましいようだ。また、異性同士、同性同士はもちろん、非実在2次元画像とのブレンドも可能としてる。

シンプルな人工知能により、泣く、笑う、見つめるなどの体験者に対する反応を示し、視覚・聴覚・触覚をフルに使い、赤ちゃんが人々に与える影響をVR空間上で短時間に体験することが出来る。

baby

baby

本作品は2017年7月に開催される「SIGGRAPH 2017」E-Techにて展示を行うことも決定している。国内では2017年4月29日に開催される「ニコニコ超会議2017」にて「Real Baby ? Real Family」の展示が行われる予定。
エンターテイメントだけでなく育児の分野においてもVRが活用できるなんて想像もしませんでした。特定のコンテンツだけにとらわれず、幅広くVRの技術が進歩していくと良いですね。

プロジェクト公式サイト:http://blog.shirai.la/baby/
神奈川工科大学:http://www.kait.jp/index2.php

広告




広告




広告




広告