臨場感あふれるバーチャルツアーを作成できるサービス「Grooon(グルーン)」がリリース開始

Date
2017.04.11
Category
ニュース
Written by
編集長
auggle

株式会社インフィニットループは360度パノラマ写真を使用することでバーチャルツアーを作成できるサービス「Grooon(グルーン)」の提供を2017年4月3日より開始した。

Grooon(グルーン)とは

全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した360度パノラマ写真を使って、バーチャルツアーを作成できるサービスだ。屋内・屋外を問わず自由に見回したり移動したりできるので、より臨場感を味わうことができる。

また、専門的な知識やソフトウェアは一切必要なく誰でも簡単に作成することができるぞ! 操作ガイドの動画が公開されているので、まずは見てみよう。

Grooon操作ガイド

直感的にわかりやすいツール操作!

ステップ1
写真を用意してドラック&ドロップで簡単アップロード!

ステップ2
写真と写真をドラッグ操作で結びつけツアー内を移動可能に!

ステップ3
埋め込みタグが作成され、Webサイトへ貼付け!

おおよそ10分の簡単操作でwebサイトにツアーを公開することが可能となっている!
身近なサービスで言えば、まるでGoogleストリートビューを自分で作成し、閲覧できるような感覚だ。

ホットスポット機能について

auggle

さらにホットスポットを設定することで、1枚の写真だけでは伝えきれない情報の補足が可能となっている。
操作ガイドの動画でも説明されてるが、会議室の写真の奥に「小さく黒い機械」が見える。
ただの写真では「黒い何かの機械?」程度の認識にしかならないが、ホットスポットを設定をすることで、画面上に吹き出しマークで表示され、クリックした際「プロジェクター」「パソコンに接続できます」とメッセージが表示されるのだ。
画像や文字情報だけでなく、動画も追加可能となっている。

auggle

どのような場所で、どのような物があり、どう活用できるのか、ツアーをしてるユーザーに情報を補足してくれる素晴らしい機能である。

どういったシーンで活用が期待できるのか

宿泊施設や商業施設、不動産や公共施設といったありとあらゆるシーンで文章やただの写真以上に魅力的な紹介をすることが可能となっている。

360度写真が撮れるカメラの準備や月額料金が必要など敷居の高さはあるが、活用は無限大と言える。
「○○という自慢の場所を多くの人に紹介したい!」
そんな時、Grooon(グルーン)の利用を検討してみてはいかがでしょうか。



ちなみに全天球カメラとは・・・

auggle

ワンショットで360度のパノラマ写真を撮ることができるカメラで、上記の画像は「RICOH THETA」という製品だ。
今回紹介したGrooonだけでなく、PS4と接続することで、PSVRでも楽しむ事ができる素晴らしいカメラである。
また「RICOH THETA」以外の全天球カメラもGrooonに対応している可能性があるので興味をもった方は公式サイトから問合せをして確認してみてもよいだろう。

サービス詳細

サービス名:Grooon(グルーン)
公式サイト:https://grooon.com/
月額料金:7,000円~(税別価格)
※15日間無料トライアルあり

会社情報

会社名 : 株式会社インフィニットループ
所在地 : 北海道札幌市中央区北1条東4丁目1番地1
      サッポロファクトリー1条館3階
代表  : 代表取締役 松井健太郎
会社設立: 2007年6月
資本金 : 1,000万円
事業内容: ゲーム開発、モバイル向けアプリケーション開発、
      Webアプリケーション開発、VR/AR開発、
      Linuxサーバ構築・サーバ保守、パフォーマンスチューニング
      Beaconアプリケーション開発、IoTシステム開発
URL   : https://www.infiniteloop.co.jp/