VRで歯の矯正?六本木ベイリーズ歯科が3D技術を応用した歯列矯正治療を開始

Date
2017.04.06
Category
ニュース
Written by
編集長

3D技術とVR技術を活用した歯列矯正六本木ベイリーズ歯科が開始。従来の金額1/3で治療が出来るようになるぞ!

VR矯正

医療業界にも続々とVR技術が活用され始めましたね。3Dプリンター技術を用いた歯列矯正装置作成、VR(バーチャルリアリティ)技術を応用した歯列矯正治療でこれまでの金額の約1/3で治療が可能となったようです。

本治療を開始した「六本木ベイリーズ歯科」では以前より患者の口腔内の状態を3Dスキャナーで採得し、治療シミュレーションなどを行う「3Dハイブリッド矯正」を実施していたとの事。
従来の歯列矯正とは違い、コンピューターで正確に3Dデータを解析した結果に基づいて治療を行う事で、各種矯正装置の配置なども理想的に行え、歯に対する力の加え方も必要最小限とする事ができる。
治療中の痛みや顎の骨のダメージも少なく、かつ治療期間も従来の治療法の半分程度で済むという。

今回は、新型の3Dプリンターを応用し患者さまの1本1本の歯の形状にピッタリ適合する歯列矯正用の装置(ブラケット)を造形し、さらにそのブラケット(Nano Braket)をコンピューターでシミュレーションを行った通り正確に配置・接着する新しい治療法を開始したとの事。

vrkyousei2

このVR矯正(Virtual Reconstruction Orthodontics)によって従来かなり高額であり、難しい技術を習得した専門医のみが行えた「裏側ワイヤー矯正」を安価(50万円~)にかつ正確に行うことが可能となったとの事。

本治療法は、従来の「3Dハイブリッド矯正」のメリットもそのまま活かせるため、
安価/治療期間が短い/痛くない/骨のダメージが少ない/後戻りしにくい
と言う患者さまに優しい矯正治療となっている様子。

この技術は、全国の歯科医向けの講習会も予定されており、いずれは日本全国で本治療が受けられるようになる事が期待される。非常に高額な歯列矯正を安価・安全に受ける事が出来るようになる日は近いようです。