集英社、VRの今がすべてわかるムック本、『ジャンプVR』を発売開始!

Date
2016.12.16 17:03
Category
ニュース
Written by
編集長
ジャンプVR

2016年12月15日。
集英社から、初のVR専門情報雑誌『ジャンプVR』(1,000円+税)が発売されました。
VR関連の記事、そしてVRを解説するマンガを通じて、VRの全てがわかる内容となっているとの事です。

ジャンプVR

特集記事も超豊富で、最新VRハード&コンテンツのまとめ紹介記事や、人気漫画家にによるオリジナル書き下ろしマンガでのVRを紹介しています。
紹介されているVRコンテンツは約40タイトル!相当数のボリュームの情報が詰まっているようです。

ジャンプVR ジャンプVR

また、先日最終回を迎えたばかりの『こちら葛飾区亀有公園前発出所』からは、20年以上前にジャンプ誌面で掲載された、VRの出現を預言した神回が再録されています。(夢のドライブゲームの巻)

こち亀の作者、秋本先生は以前から未来の技術を予測した内容の話をよく書いているという事で以前から有名ではありましたが、まさか20年以上前からVRのブームを予測していたとは。驚きです。

ジャンプVR

さらに、特別付録としてジャンプVR特性の紙製ヘッドマウントディスプレイが付いてきます。
お手持ちのスマホで誰でも手軽に360度動画を楽しむ事ができます。
しかもこのヘッドセット、2眼と1眼両方に対応しておりm、逆から覗くと1眼でも視聴できちゃいます。

ジャンプVR

これだけのボリュームで1000円ですので、正直「買い」だと思います!
VR関連の情報サイト、このVRinfoを含め多数登場してきていますが、書面としてここまで大々的に発売されるのは、恐らく初めてレベルだと思います。
しかもあのジャンプのスピンオフ的な感じの雑誌となっているので、誰にでも親しみやすく、分かりやすくまとまっています。

このジャンプVR、お求めは全国のコンビニ・書店で購入できるほか、12月17日18日に幕張メッセで開催されるジャンプフェスタ2017内でも販売されます。

ジャンプVR
ジャンプVR

DEATH NOTE VR脱出ゲームの特集記事や暗殺教室の特集記事など、ジャンプコミックスを代表する作品のVR関連情報も多数取り上げられております。
VR元年の2016年の最後に、マンガ業界も本格的にVR業界に殴り込みをしてきたという大きな狼煙となるニュースでしたね。