目の前に広がる360°パノラマの原生林!新潟大学にてVR企画「佐渡の原生林にテレポート」を実施!

Date
2016.10.24
Category
ニュース
Written by
編集長

新潟・佐渡の大自然を体感できるVRイベントが新潟大学農学部キャンパスで開催されました。あまりイメージが無いかもしれませんが、実は佐渡は日本有数の天然杉の原生林が広がる大自然の宝庫なんです。
島ならではの気候のもと、長い年月をかけて育ってきた独特な形の天然杉が無数に広がっている佐渡の原生林。
そんな大自然を現地に行かずVRで体験できるという企画が新潟大学農学部さんの主催で開催されました。

VR技術というIT系近未来系技術を用いつつ、大自然の雄大さをリアルに伝えるという、なんとも感慨深いイベントだなぁとしみじみ思いました。
VRの「現実にする力」が大自然をどこまで表現できるかという点に注目ですね。

新潟大学農学部

開催イベント内容

新潟大学農学部と新潟大学広報室のコラボレーションにより、話題のVR(ヴァーチャル・リアリティ)の技術を用いながら農学部附属佐渡ステーションの演習林内にある原生林を体感できるイベント「佐渡の原生林にテレポート」を実施いたしました。

新潟大学農学部

本イベントでは、学生による天然林の生態系のレクチャーなどのあと、VR技術を用いて、佐渡の気候が織りなす特徴的な形をした天然杉の雄大さ、雨音や木々のざわめきを体験をしながら、普段なかなか足を踏み入れることのできない佐渡の原生林の生態について学ぶことができます。

新潟大学農学部

※使用機器はHTC Viveです。

実際に体験した参加者の「おぉ~!」「すごい!」と感嘆の声や、「臨場感があって本当にその場にいるように錯覚した」「一度実際に行ってみたくなった」などの感想も聞かれました。

新潟大学農学部

普段は中々現地に行こうと思わない場所でも、VR技術を通じて目の前に広がる光景を生で体験する事で、実際にその場所に行ってみたいという気持ちを芽生えさせてくれるようです。
VR技術で地域の魅力的な自然や歴史風景を体験する事で、実際に現地に行ってみたくなったり、その物についてもっと知りたくなる、そんな地域の自然や文化の活性化にも繋がるのだと感じました。

実は私も新潟県出身なのですが、佐渡にこんな魅力的な原生林があるなんて知りませんでした。
日本全国にこのような場所はまだまだたくさんあると思うので、VR技術で、そういった場所の魅力がより日本中のいろいろな人に伝わっていくと良いですね。

イベント情報

開催日時:
10月22日(土)~23日(日)10:00~17:00

場所:
新潟大学五十嵐キャンパス農学部棟

主催:
国立大学法人新潟大学(http://www.niigata-u.ac.jp/

VR企画・撮影・制作:
株式会社シーエスレポーターズ(http://www.cs-reporters.com/

前後に奥行き(3D映像)を感じられるように右目用、左目用に別々のカメラで撮影したものを専用のゴーグル及びヘッドホンを装着し,体の動きに合せた360°パノラマで体感。新潟県内で一般向けのVRイベントは初開催。同社は,今後このサービスを使用し、360°3D映像系VRの分野で手軽で効果的な演出を加えていきたいとしている。