Andoer Google Cardboard が届いたので組み立ててみた。ダンボール製ヘッドマウントディスプレイのDIYキット!

Date
2016.08.15 16:14
Category
ガジェット
Written by
編集長
ダンボール製VRHMD組み立て

以前の記事『VR対応の美少女アプリ『オルタナティブガールズ』をプレイしてみた!手の届く所に女子がいて大興奮w』でVR機能が搭載されたスマホゲームを体験しました。
ジャイロセンサーで疑似的なVRは体験出来るものの没入感がいまいち。。。
という事でとにかく手軽にヘッドマウントディスプレイで体験したい!と思い立ち、amazonでポチりましたw
それがこちらです!

欲望に押されてポチった奴

ダンボール製VRHMD組み立て

Andoer Google Cardboard ダンボール 製 組立 式 VR 3Dメガネ セット DIY キット DIY Google Cardboard Virtual reality VR Mobile Phone 3D Glasses (5″スクリーン, NFCタグ付き)【並行輸入品】
560円


DIY用のキットとしてはかなり安めですね。
amazonで一番安いんじゃないかというぐらいでした。
スマホ用HMDとしてはかなりお手頃で、初心者にもぴったりですね。

DIYキットが到着したので早速組み立ててみた

してそのVRヘッドマウントディスプレイのDIYキットが届いたので早速組み立ててみる事にしました。
届いた商品はこちらです!

ダンボール製VRHMD組み立て

ん???

ダンボール製VRHMD組み立て

made in chinaきたーーーーwww

完全に中国産でびっくりしましたw
てっきりアメリカから送られてくるもんだと思ってましたが、甘かったですね。
まあ、コスパは最強だとは思いますので、問題ないでしょう!

でこちらが出てきました。

ダンボール製VRHMD組み立て
ダンボール製VRHMD組み立て

予想はしていましたが、かなりシンプル。
ダンボールキットと細かな部品が数種類です。

ダンボール製VRHMD組み立て

並べてみました。
段ボールの部品的なものが3種類、マジックテープ、磁石、レンズがそれぞれ2つずつ付いています。
また、NFCカードが付属しているのも特徴的ですね。

ダンボール製VRHMD組み立て

ダンボールも結構しっかりしたものを使用しているようで、思ったよりはちゃっちい感じはしなかったです。

ダンボール製VRHMD組み立て
ダンボール製VRHMD組み立て

強度は問題なさそう!物理攻撃に強く、水属性・火属性にはめっぽう弱い感じですね。

いざ組立開始!ん?んっ???

てなわけで組立開始しようと思った訳ですで、ここである事に気づく。

組み立て説明書が無くね???

そうなんす。どこを探しても組立方法が分かる説明書が同封されていない!
amazonのページを見ても完成後の写真が載ってるだけ。
え?これ、想像で組み立てる感じ???うそでしょ!
いやでも中国産なら全然あり得る。。。

という事でamazonの完成図を見ながら創造で組み立てる事にしました

ダンボール製VRHMD組み立て

これがamazonで見つけた設計書らしきものなんですが、微妙に形が違ったり、解像度が低すぎで拡大すると、何が何だからわからなくなるという欠点があります。。。
ですのであくまで参考程度に留めました。

ダンボール製VRHMD組み立て
ダンボール製VRHMD組み立て

見た感じ、材料の各所に番号がふってあります。
おそらく同じ番号の所にダンボールをはめ込む感じになるんだろう、という予測がついたので思い切って作業開始!

ダンボール製VRHMD組み立て
ダンボール製VRHMD組み立て

まず切れ込みが入っている所をすべて抜き取ります!
↑のような感じになります。

ダンボール製VRHMD組み立て

続いて、じゃばら状のパーツの真ん中の穴に付属のレンズをはめ込み、三枚ひと重ねにします。

ダンボール製VRHMD組み立て

出来上がったパーツ2つを、同じ数字の所の穴にはめ込み、レンズ付きのパーツをぐるっと一周するように包んでいきます。

ダンボール製VRHMD組み立て


すると↓のような感じで大枠は完成します!

ダンボール製VRHMD組み立て

ダンボールのはめ込みが大分弱いので、画像のように輪ゴムで固定しないとペローンってなります。

ダンボール製VRHMD組み立て

スマホ端末を挟むふたの部分にマジックテープをはりましょう。

ダンボール製VRHMD組み立て

またサイドにマグネットと書かれた部分があるので、付属の2つの磁石を挟むように取り付けましょう。
この磁石を弾くようにすると、VR上でクリックと同様の動作が出来るようになっています。

ダンボール製VRHMD組み立て

また、もう一つ小さなダンボールのパーツはスマホを挟む部分の真ん中に支柱のようか感じではめ込みます。
これはスマホの位置を固定する為のパーツのようでした。

完成しました!意外と簡単!!!

最初は設計図なしでどないせーちゅうねん!!!って思いましたが、意外と感覚で作れるものです。
図工の時間みたいで、テンション上がってしまいましたw

ダンボール製VRHMD組み立て

これで先に紹介した『オルタナティブガールズ』のようなVR対応スマホアプリや、その他のスマホ向けにリリースされているVRコンテンツを心置きなく楽しむ事ができます!
500円そこらで体験できるので、かなり安い買い物だと思いますよ!

ちなみに調子にのって使っていると額の油がダンボールに染みて↓のような状態になりますw

ダンボール製VRHMD組み立て

テンション上がって使いまくるとシミのひどいHMDになり、人に貸せなくなりますw
意中の女性からも引かれる事間違いなしなので、油多めの中年男性はティッシュを当てがったり、油を十分に取ってから利用するなりして、ケアを怠らないようにしよう!

私は既にこれのせいで社内の女性から気持ち悪がられてしまいました・・・。