高級ヘッドマウントディスプレイ『HTC Vive』店頭販売開始!価格は99,800円!

Date
2016.07.07 17:13
Category
ガジェット
Written by
編集長

2016年7月7日、HTC社から高性能VR用ヘッドマウントディスプレイ『HTC Vive』が発売開始となりました。
価格は99,800円(税別)となっており、かなりの高価格帯の商品となっています。

実際の性能は?99,800円に見合う高級感で早速欲しくなった。

HTCViveの最大の特徴は、ヘッドセットによる視覚的なVR体験だけでなく、専用の機材を使って身体の位置も読み取り、バーチャル空間内を自由に動き回れるという点です。
なるほど、その機材付きで約10万ならそこまで高くないですね。
しかもメインのヘッドセットの作りこみもかなり高級感溢れる仕上がり。
ちょっと友達に自慢したくなるレベルになっています。

随所に見られるディティールにこだわった作り。

『HTC Vive』を体験するには、部屋の隅2か所にレーザーセンサーを設置し、ヘッドセット装着者の位置をトラッキングされて、体験できるというもの。
つまり、お部屋にある程度の広さが必要な様子。
恐らく4畳半から6畳程度のスペースが必要そうですが、あまり日本の住宅環境が加味されていないですねw

税込み価格は107,800円!さらに高性能PCも必要です。あなたは購入する勇気ありますか?

HTC Vive本体価格は税込みで107,800円
内容はViveヘッドセット、Viveコントローラ×2、ベースステーション×2(部屋に設置するやつ)、リンクボックス、イヤホン、アクセサリ、ガイドブック、保証カードです。
加えてPCも必要となりますが、結構なスペックが求められます。

必要PCスペック(推奨)
GPU: NVIDIA GeForce® GTX 970 / AMD Radeon™ R9 290、または同等クラスのGPU以上
CPU: Intel® i5-4590 / AMD FX 8350、または同等クラスのCPU以上
RAM: 4GB+
ビデオ出力: HDMI 1.4またはDisplayPort 1.2以上
USB Port: 1x USB 2.0以上のポート
オペレーティングシステム: Windows 7 SP1以上

結構な高スペックが要求されております。
これPCも新調するとなると、10万以上かかりそうですね。

それでも購入したいという方は↓こちらをクリック!!!

ワールドビジネスサテライトでも紹介される注目っぷり

2016年7月7日放送のWBSでも取り上げられていました。

番組ではHTC NIPPONの玉野社長がこう語っていました。
「スポーツバーなら試合、カラオケなら風景に入り込めるコンテンツを提供するなど、いろいろな産業でVRを活用したい」
なるほど、ゲームだけにとらわれず、様々な分野でVR技術が活躍していく未来があると見据えているようです。
確かにその通りですね。
最初は「PlayStationVR」をはじめ、話題性のあるゲームが注目を集めると思いますが、今後は人々の生活に根付くVR技術の応用が発展していきそうです。
このHTC VIVEも新しい時代のマストアイテムとなるような可能性を秘めているマシンだと感じました。