バイオハザード7DLC第2弾『Banned Footage Vol.2』が2/14に発売開始!狂気のシナリオはまだ続く

Date
2017.02.14
Category
ゲーム
Written by
編集長
バイオハザード7追加DLC

発売してから1か月と満たないバイオハザード7(RESIDENT EVIL7)ですが、早くも追加DLCの第2弾『Banned Footage Vol.2』が本日2月14日にリリースされました。

本DLCに搭載しているのは3種類の追加シナリオです。
内2つは本編のシナリオを補完するようなストーリーとなっており、バイオハザード7の世界をより詳しく知る事が出来るようになっています。

2月14日現在は、PS4版のみの発売となっており、価格は1.389円+税です。
PC版及びXbox版は、追加DLC第1弾と共に2/21発売予定となっています。

生死を賭けたギャンブル「21」

バイオハザード7追加DLC

本編でもある意味一番とち狂っていたベイカー家の長男ルーカス。
そのルーカスと生死を掛けたギャンブルで勝負するストーリーとなります。

うむ。ルーカスとのギャンブル勝負。嫌な予感しかしない。
壮絶なデスゲームを体験する事になるでしょう。

ある家族を襲った悲劇「ドウターズ」

バイオハザード7追加DLC

ベイカー家を舞台とした、バイオ7より前の話をメインとした ストーリー。
ドウターズというタイトル通り、ベイカー家の娘さんが、何かしら関わってくるのでしょう。
本編ストーリーの謎を紐解く内容になっていそうです。

エクストラゲーム「ジャック 55th バースデー」

バイオハザード7追加DLC

こちらはストーリー的に本編とは一切関係ないモードとなっています。
55歳の誕生日を迎えたベイカー家の主ジャックの食欲を満たす為のシナリオとの事。
説明文だけでは何のこっちゃわからないので、是非追加コンテンツでその真相を確かめてほしい。

本編と違い、かなりコミカルタッチな仕上がりになっています。
もう、画像のジャックの顔からして、それが伺えますね。
何わろてんねん!
というツッコミがぴったりです。



シーズンパスも発売中。今春リリース予定の「NOT A HERO」からも目が離せない!

今回発売されたDLC『Banned Footage Vol.2』と、第1弾『Banned Footage Vol.1』がセットになったシーズンパスも発売中です。
両方のDLCがプレイ出来て価格はPS4版で1,852円+税となっています。
Vol1未購入の方はこちらの方がお得です。

また追加DLCに関しては、2017年に無料でプレイ可能な「NOT A HERO」がリリース予定となっています。
こちらは本編のストーリーをがっつり補完するような内容になっていそうですね。

シリーズの代名詞的な主人公のあのお方が登場しそうな予感です!