米大統領トランプ氏になれるVRコンテンツ『Trump Simulator VR』が風刺しまくりでヤバいwHTCVive向けに98円で配信中!

Date
2016.11.10
Category
ゲーム
Written by
編集長
vrinfo

日本時間2016年11月9日、歴史的逆転勝利でドナルド・トランプ氏が米大統領に当選しました。
歴史に残る大勝利を飾ったトランプ氏ですが、劣勢と言われているなか、どのようにして大統領というポジションまでたどり着いたのでしょうか。

その片鱗を感じる事が出来る(かもしれない)コンテンツがHTCvive向けにSTEAMで配信されているとの事!
内容は「VRでトランプ氏になりきる事が出来る」との事。
いまいちピンときませんが、編集部としてはアメリアの動向に合わせて黙っている訳にはいかない!という事で早速調査してみました!

STEAMにて配信中

米大統領トランプになりきれる画期的コンテンツ

コンテンツのタイトルは『Trump Simulator VR』。
その名の通りトランプ氏のシミュレートする事ができるようです。
ゲームでは、トランプ氏になりきって、TO DOリストに書かれている事をこなしていくというものです。
TO DOの内容は、「トランプタワーを立てる」や「twitter中毒者に燃料投下」、「税関連書類を処分」など、ブラックジョーク・風刺に溢れたアメリカらしい内容となっています。

これでトランプ氏も怒らないんだからすごいよなぁ。

vrinfo

↑こちらがTO DOリスト。
翻訳してみると、ブラックジョークたっぷりの内容となっています。

vrinfo

↑青い鳥(twitter)に餌を与えています。
大統領選においてもtwitterなどのSNSの力は重要だったようですし、あながちTO DOとしては的を得てますね。

vrinfo

スピーチの内容を考える。
日本人からすると、英語のテストみたいな感じですね。

まとめ

本作は STEAMで98円で配信されています。
政治に対する風刺の文化があるアメリカならではのゲームですね。

98円と安価に購入できるようですので、興味があればプレイしてみるのもまた一興ではないでしょうか。
※ちなみに本タイトルの利益は難民を支援する組織“Migrant Offshore Aid Station(MOAS)”に寄付されるそうです。

紹介動画