コロプラの新作VRゲーム『Fly to KUMA MAKER』HTCVive用ソフトとして配信開始!

Date
2016.09.13 20:21
Category
ゲーム
Written by
編集長

VRゲーム開発に注力しているコロプラさんが新作VRゲームタイトルを発表しました。
Fly to KUMA MAKER』です。
コロプラのマスコットキャラのあのクマを使った新作ゲームでかなり作りこまれています!
VRゲーム業界の先頭を走るコロプラさん自信の作品になっていますよ!

以下プレスリリース

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive(※1)」向け新作VRゲーム『Fly to KUMA MAKER』をValve社が提供するゲームプラットフォーム「Steam」上で本日9月13日(火)より配信開始しました。

コロプラ

『Fly to KUMA MAKER』は、Oculus Rift向けに配信中のパズルゲーム『Fly to KUMA』をベースに開発した新作タイトルです。一定の法則に従いながら前進するクマたちを誘導しゴールまで導く『Fly to KUMA』のゲーム性はそのままに、HTC Viveのワイヤレスコントーラーに合わせ、ゲーム内で物を掴む機能を実装。それにより、ブロックを叩いて壊す、レバーを操作して仕掛けを動かす、といったギミックが登場します。ゲーム内のステージは『Fly to KUMA』とは異なる全60ステージが収録されています。さらに新機能として、自由にステージを作成するモードが追加されています。プレイヤーの発想次第でステージのバリエーションは無限に広がります。作成したステージはインターネットに接続することで世界中のプレイヤーに公開できます。また、他のプレイヤーが作成したステージをプレイすることもできます。楽しいステージを作成して、たくさんのプレイヤーにプレイしてもらいましょう!

VRは、われわれ人類がこれまで体験したことのない新しい感動を提供するプラットフォームになると、コロプラは信じています。コロプラはグループ一丸となってVR業界を盛り上げ、世界中の人びとの日常がより楽しく、より素晴らしくなる未来を作っていきたいと考えています。

 (※)HTC社とValve社が共同開発した、バーチャルリアリティー体験ができるヘッドマウントディスプレイです。手の動きをゲーム内に伝える2つのワイヤレスコントーラが同梱されていることが特長です。

『Fly to KUMA MAKER』基本情報

コロプラ

ルート上にブロックをうまく配置して、クマたちをゴールまで導くパズルゲームです。自分だけのステージを自由に作成し、世界中のプレイヤーに遊んでもらうこともできます。
◆タイトル名 :『Fly to KUMA MAKER』
◆価格    :1,480円(税込)※9月20日(火)まで976円(税込)
◆対応機種  :HTC Vive
◆Steam内紹介ページ:http://store.steampowered.com/app/517860/

コロプラ

メッチャ見てるw恐かわいいw

コロプラ

このクマが愛らしく見えてきますね。

コロプラ
コロプラ
コロプラ
コロプラ

ゲーム内のアイテムを掴む動作などはVIVEだからこそ体験できる機能ですね。
自由にステージを作成するモードは正直メチャクチャ楽しそうです。
新てのマインクラフト的な感じで遊べるかもですね。