テレビドラマ「デッドストック~未知への挑戦~」VR体験イベントを実施!

Date
2017.07.12
Category
イベント
Written by
編集長

株式会社シータは、株式会社テレビ東京と協力し、テレビ東京ドラマ25「デッドストック~未知への挑戦~」のホラーVRコンテンツの制作を行い、さらにVR体験イベントを2017年7月17日(月)に「ららぽーと富士見」にて開催することを発表しました。

deadstock

「デッドストック」について

deadstock

デッドストックは7月21日(金)深夜0時52分からテレビ東京にて放送を開始するドラマです。 脚本に三宅隆太(兼監督)、加藤淳也「(クロユリ団地)ほか多数」という数々のホラー作品を生み出してきたベテラン作家を迎え、連続ドラマ初主演の村上虹郎を起用した新感覚のホラードラマとなっています。
レギュラーキャストには、連続テレビ小説「マッサン」などの正統派ドラマで知られる早見あかり、 日本のエンタメ界ではなくてはならない名バイプレイヤー田中哲司らの出演が発表されました。 さらに、彼らの脇を固める準レギュラー陣に、ベテラン筒井真理子、中村優子といった幅広い年代の俳優たちが「デッドストック」の世界を彩っていくようです。

そんな本作が今回VR(ヴァーチャルリアリティ)とコラボすることが発表されました。 「デッドストック×VR」では本編と同様のセットを使用し、また、村上虹郎、早見あかりも登場します。 まるでドラマの世界に入ったような没入体験を楽しむことができるとのことです。

ドラマ25『デッドストック~未知への挑戦~』公式サイトURL
http://www.tv-tokyo.co.jp/deadstock/

deadstock

村上虹郎:常田大陸(つねたりく)役
テレビ東京の新人AD、母と二人暮らし

deadstock

早見あかり:二階堂早織(にかいどうさおり)役

deadstock

田中哲司:佐山暁(さやまさとる)役

シータ社とは

株式会社シータは、実写VR映像の「企画・撮影・編集」に特化した専門集団です。
実写×近接映像による新しいVR体験を追及し、生体研究に基づく独自機材(特許申請出願中)とオリジナル編集フローで、圧倒的高精細・高品質なSTEREO-VRコンテンツを世の中に提供しています。
本イベントではドラマ脚本を手掛けた三宅氏と連携・協力し、同社が得意とする近接実写映像制作のノウハウを用いて高品質なVRコンテンツを制作しました。

脚本・監修を手掛けた三宅隆太氏からのコメント

VRの歴史はまだ始まったばかり。
それでもすでに相性が抜群だと言われているジャンルがあります。
それがホラーです。
今回初めてVR作品に本格的に参加させていただきました。
長年ホラー作品に携わってきた身としては、興奮と手応えを感じて止みません。
映画やテレビドラマ等、既存の映像メディアとは全く異なる表現やアプローチが可能なことを強く実感したからです。

ディレクターを務めた高橋氏を筆頭に、VRの専門集団「株式会社シータ」に所属するスタッフ陣は、 ひとりひとりが極めて高い技術力と深い探究心の持ち主です。 彼らの尽力によって、本作は実写VRホラー史上最恐の作品に仕上がりました。 今回のイベントを機に、是非ひとりでも多くの方に体験していただきたいと願っています。
※ただし、心臓の弱い方はくれぐれもご注意ください。


数々のホラー作品に携わってきた三宅さんとシータのVR技術が融合したことで、 未だかつてない恐怖体験が味わえる仕上がりになったのではないでしょうか。
今年も暑い季節となりましたが、夏の涼のひとつとして「VRホラー」を楽しんでみてはいかがでしょう。

デッドストック×VR 先行体験イベント概要

開催日時:2017年7月17日(月・祝)
開催時間:16時~20時
体験時間:約3分
VR設定:
体験者→テレビ東京で働く新人AD
村上虹郎(常田大陸役)→体験者の先輩AD
早見あかり(二階堂早織役)→体験者の先輩ディレクター
開催場所:〒354-8560 埼玉県富士見市山室1-1313
ららぽーと富士見 1階無印良品/フードコート前