KDDI、複数人同時に参加してコミュニケーションが取れるVR体験ブース、期間限定で設置!

Date
2017.05.31
Category
イベント
Written by
編集長

KDDIは、モバイルネットワークを介して複数人が同時に参加し、コミュニケーションが可能なVRアプリケーション「VR appli(仮)」を体験できる特設ブースを、2017年6月3日より期間限定で設置することを発表しました。
同社は、VRを活用した未来のコミュニケーションの可能性の追求に取り組んでおり、これまでの電話、ビデオチャット、メール、SNSなどのコミュニケーションを超えて、感情や気持ちをより自由で楽しく表現できる次世代コミュニケーションツールになることが期待されているとのことです。

ユーザーは、VRブースにおいて、音楽や映像による融合空間、共有スペース、シアター (360°コンテンツ、静止画、動画) などの目的にあわせたVR空間を楽しむことができるようになっているとのことです。
複数人が参加できる共有スペースでは、お好みのキャラクターに扮して友人や知人などと、VR空間にて会話や3Dアクションスタンプなどを使用した新しいコミュニケーションが体験できるそうです。

【KDDIの取り組みについて】

「VR appli(仮)」のコンセプト
仲間と一緒にVR空間を楽しめる!
自分の分身となるキャラクター設定をした上で、自分自身のVR空間となる「マイスペース」を入口に、目的にあわせてさまざまなVR空間をお楽しみいただけます。
また、 複数人が参加できる「リンク (共有) スペース」として、そのVR空間に友人や知人などを誘うことで、会話や3Dアクションスタンプ (キャラクターのモーション) などによるコミュニケーションを行いながら、同一のVR空間やコンテンツを複数人で一緒に体験することができます。

kddi

VRによる新しい音楽体験、企業やサービスとの連携など!
音楽と映像がシンクロ融合した新しい音楽体験ができるVR空間「VJ360」、複数人で360°の静止画、動画をVR空間で楽しめる「シアター」、VR空間内で​空の上や森の中で仲間とまったりおしゃべりを楽しめる「ラウンジ」、VR体験ブースにはないが、音楽とダンスがテーマのセガの名作ゲーム「スペースチャンネル5」がVRで楽しめる「ゲーム」など、さまざまなVR空間やコンテンツを、一人もしくは、友人や知人など複数人と一緒に楽しむことができます。

kddi

音楽と映像が融合したVR空間「VJ360」には、2004年に世界“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し世界一を獲得した、DJ/テクノアーティスト「KEN ISHII」や、新しいクラシックの楽しみ方を提案するプロジェクト「爆クラ!」 (爆音クラシック/楽曲協力:日本コロムビア) などが協力し、今後もさまざまなアーティストとVRの魅力を深めていくとのこと。
また、スペシャルVR空間では「新江ノ島水族館」「国立天文台」「TOKYO 360」などさまざまな企業・団体やサービスとの連携による開発を予定しているとのことです。

VRが新たなコミュニケーションツールになれば、より身近なものとなり、VRとの距離がかなり近づきますね。
ぜひ特設ブースに行って、新しいVRのコミュニケーションを体験してみよう!

VR体験ブースの設置場所と対象期間

■au SHINJUKU:2017年6月3日 (土) ~6月4日 (日)
■au FUKUOKA:2017年6月10日 (土)~6月11日 (日)
■au NAGOYA:2017年6月17日 (土)~6月18日 (日)
■au OSAKA:2017年6月24日 (土)~6月25日 (日)
■au SENDAI:2017年7月1日 (土) ~7月2日 (日)
※VR体験ブースで体験可能なコンテンツは「VJ360」「LOUNGE」「THEATER」です。 (「ゲーム」コンテンツは含まれておりません。)

KDDI VR特集ページ
https://www.au.com/cmp/vr/