東京ゲームショウ2016のVRコーナー出展社&コンテンツまとめ

Date
2016.09.07 17:20
Category
イベント
Written by
編集長
東京ゲームショウVRまとめ

2016年9月15日(木)から4日間開催される「東京ゲームショウ2016」にて設けられるVRコンテンツコーナー。
そのVRコンテンツコーナーに出展する企業・コンテンツ情報のまとめです。
VR元年といわれる2016年の東京ゲームショウという事で、ひと際注目を集める事になるであろうVRコンテンツブース。
注目のコンテンツをチェックしておこう!

VRコーナー出展コンテンツ一覧

  • InfoLens [VR]
  • H2L
  • HTC <台湾>
  • オルタナティブガールズ
  • クリーク・アンド・リバー社
  • 講談社
  • Giant Cop: Justice Above All <カナダ>
  • Shanghai Arts United Software <中国>
  • Shenzhen Dlodlo Technologies <中国>
  • シーエスレポーターズ
  • 3DRUDDER <フランス>
  • たゆたう
  • 積木製作
  • 電通サイエンスジャム
  • PDトウキョウ
  • フォーラムエイト
  • FOVE
  • FUTURETOWN <台湾>
  • Production I.G
  • プロディジ
  • ベイオウルフ
  • Beijing Time of Virtual Reality Technology <中国>
  • ポケット・クエリーズ
  • Magical World (Beijing) Network Technology <中国>
  • MERGE VIRTUAL REALITY <米国>
  • メガハウス
  • メディアフロント・ジャパン
  • UEIソリューションズ [VR]
  • Live2D
  • REALIS <中国>
  • リコー
  • リテラシーズ
  • スタジオ無限
  • +Ring

個人的に気になるコンテンツ・企業をいくつか紹介していきます。
完全なる個人の趣味によるものですのでご了承ください。


H2L

触感型VR/AR専用ゲームコントローラー“UnlimitedHand アンリミテッドハンド”の展示が行われます。
専用の器具を腕に巻く事で、VRゲーム内のキャラの動きと連動して触覚を感じる事が出来る、VR×触覚というジャンルに踏み切ったコンテンツとなります。
触覚って大切ですよね。特に没入感の高いVRコンテンツだと、触覚がさらにプレイヤーの感情を盛り上げてくれます。
ギャルゲー・オトメゲー・FPSなど、様々なゲームで活躍するでしょう。
公式サイト:http://unlimitedhand.com/ja/

3DRUDDER <フランス>

両足で操作するVR&3Dモーションコントローラーです。両足で操作できるという事は当然両手はフリー。
この両手で従来のコントローラーを持つのもいいですし、ゲーム以外の分野での活躍も期待できます。
公式サイト:http://www.3drudder.com/

PDトウキョウ

直観的な操作で体感できるアクションVRコンテンツ『サークル オブ セイバーズ』の展示がされます。
VR空間内でモンスターを倒しまくるゲームなのですが、PVの女子高生プレイヤーの動きがキレッキレでほれぼれします。
実際にプレイしてみたくなる、魅力タップルにゲームです。
公式サイト:http://www.pdtokyo.co.jp/

Production I.G

攻殻機動隊 新劇場版 VirtualReality Diverの新作VRコンテンツが試遊可能。たたそれだけ。

メガハウス

スマートフォンをセットしてVRコンテンツを楽しむ「ボッツニュー」を展示。
高級?スマホ向けヘッドマウントディスプレイ。ネーミングセンスも昭和感があってよいです。(没入感がスゴイ→ボッツニュー)
関連記事:ヘッドホン&ジェスチャーコントローラー付きのスマホ向けHMD「BotsNew VR (ボッツニューVR) 」

といった所です。
東京ゲームショウ2016では上記のVRコーナー以外の各企業ブースでも多数のVRコンテンツが展示される予定です。
最新VRコンテンツが集まる日本最大級のゲームイベントから目が離せない!