世界のVR体験テーマパークまとめ!ワールドクラスのクオリティが体感できる施設情報

Date
2016.08.29
Category
イベント
Written by
編集長

2016年はVR元年といわれています。
そんな中、VRコンテンツが体験できるアミューズメント施設のオープン・建設計画の発表が増えてきています。
この記事では、世界中のVR体験が可能なテーマパークの情報をまとめています。
建設・計画中の施設情報も併せて掲載しているので、海外旅行のご予定がある方などは、是非ついでにチェックして足を運んでみてはいかがでしょうか。

目次

ドバイ『Hub Zero』

世界のテーマパーク

2016年の夏にドバイCITYWALKという地区にオープン予定のゲーミングエンターテイメントテーマパークです。
このHubZeroにはVRに対応したバイオハザードのアトラクション『Resident Evil: Bio Terror(バイオハザード:バイオ・テラー)が出展さています。

施設情報
名称:HUB ZERO
場所:CITY WALK Dubai United Arab Emirates
Email : info@hubzerodubai.com
Phone: 800 MERAAS (800-637227)
公式サイト(英語)

世界のテーマパーク

アメリカ『The VOID』

世界のテーマパーク

アメリカのユタ州ソルトレイクシティにオープン予定のVRコンテンツのテーマパーク『The VOID』です。
VOID内専用のヘッドマウントディスプレイを装着して体感するコンテンツが魅力で、VRコンテンツ専用のテーマパークとすて期待が集まっています。
公式サイト:https://thevoid.com/

施設情報
2016年夏ごろ、ソルトレイクシティにてオープン予定。
その後南米・アジア・ヨーロッパ・オーストラリアなどの世界中の主要都市へも展開する予定。
ゴーストバスターズのコンテンツも出展されています。

世界のテーマパーク世界のテーマパーク

専用のヘッドマウントディスプレイ

中国『VR/MRテーマパーク』(仮称)

世界のテーマパーク

アメリカ、ロサンジェルスに拠点を置くSPACEAS社が、中国にてテーマパークを運営するグループ宋城演芸 (Songcheng Performance Development)と提携して3千万円ドル規模の合弁会社を設立した事により、大規模なVRテーマパークの建設が予想されています。
アメリカやイギリスでのVR熱加速に伴い、中国でもVRコンテンツへの意識が高まってきているようです。
※下記動画は宋城演芸が運営する中国の宋時代を持モチーフにしたテーマパークのPV。

VR・MRを利用したアトラクションに加え、MR技術を用いたステージ上のショーの企画も進められているようです。

【おまけ】国内のVR体験が出来るテーマパーク

なんだかんだで国内にもVRコンテンツが体験できるテーマパークたくさんあります!
わざわざ海外に行かなくても本格的なVRアトラクションが体験できるテーマパークをチェックしよう!

お台場『東京ジョイポリス』

世界のテーマパーク

東京お台場にあるジョイポリスにてVRコンテンツを体験する事ができます。
定期的にアトラクションは入れ替わるので、最新の情報は常にチェックしよう!
2016年8月現在のオススメはこちら!

世界のテーマパーク

オーストラリアのZERO LATENCY社が開発した、6人同時プレイが可能なVRアトラクションです。
専用のヘッドマウントディスプレイを装着し、約4キロのバックパック、約2キロの銃を持って動き回りながらVRコンテンツを楽しみます。
自らが動いて能動的に体感する事が出来る、没入感MAXの人気コンテンツです。

オーストラリアにβテスト1年間繰り返し満を持して日本上陸!
日本にいながら、ワールドクラスの興奮を体験できます。

施設情報
名称:東京ジョイポリス
住所:東京都港区台場1丁目6番1号 DECKS Tokyo Beach 3F~5F
TEL:03-5500-1801
公式サイト:http://tokyo-joypolis.com/

お台場『VR ZONE project I can』

世界のテーマパーク

VRinfoでも何度も特集しているお馴染みテーマパークw
バンダイナムコ社が手掛けるVRコンテンツ専用のアミューズメントパークです。
2016年4月15日~10月10日までの期間限定オープンのテーマパーク、そのコンテンツはVRの新時代を体感する事が出来るものとなっております。

世界のテーマパーク

度肝を抜くコンテンツが盛りだくさんです。
私が体験した脱出病棟Ωは、もう二度とVRでホラーゲームはしないと心に誓うレベルでトラウマになりました。
脱出病棟Ω体験レポート
最近追加されたガンダムのコンテンツ「ダイバ強襲」もかなり人気のコンテンツで予約必須の状態!

施設情報
名称:VR ZONE project I can
住所:東京都江東区青海 1-1-10ダイバーシティ東京プラザ3F
TEL:03-5579-6141
公式サイト:https://project-ican.com/

まとめ

日本国内でもVRコンテンツが楽しめるテーマパークがどんどん増えてきています。
今後は国内の主要テーマパークでもVRコンテンツが続々追加されていくと思いますので、随時情報を追加していきます。
合わせて日本よりもVR市場の成熟が速いと予測されている海外でのVRテーマパークの情報も随時更新していきます。