VR空間内で5種の匂いの配置が可能に!!

Date
2018.01.12
Category
イベント, 技術
Written by
編集長
アルファコードは、同社が開発する「VRider DIRECT」において、
最大5種の匂いをVR空間内へ自由に配置することが可能になったことを発表しました。
これは、匂いデバイスを開発するVAQSO Inc.(以下、VAQSO)が
「CES 2018」にて発表した新デバイス「VAQSO VR」への対応によるものとの事。


■VAQSO社の新デバイス、VAQSO VRとは

VR体験に匂いを加えるデバイスです。
VRのシーンやアクションに連動して、匂いを感じることができます。
よりリアリティのあるVR体験を可能にするためには
匂いと映像が連動することが鍵となりそうですよね。
5種類の匂いカートリッジをセット可能で、
匂いは1ヶ月持続、色々なHMDに取付け可能です。(2018年発売)



例えば、飲食店でのPRコンテンツとして、
食事のシーンに連動した匂いを配置しユーザーの
来店意欲を掻き立てる、といったことにも活用できそうですね!

「VRider DIRECT」は、VAQSOが現在出展中の世界最大級の国際家電見本市
「CES 2018」のVAQSOブース内に出展されています。

■出展情報■

展示会名:CES 2018
開催日時: 1月9日 (火)~12日 (金) 10:00 a.m.~5:00 p.m.
会場: Las Vegas Convention Center 3150 Paradise Rd Las Vegas, NV 89109 USA
ブースの場所: Creative Vision ブース内
会場マップ: https://ces18.mapyourshow.com/7_0/floorplan/?st=keyword&sv=creative%20vision%20ltd&hallID=EE

広告




広告




広告




広告