リアルタイムで表情をアバターに反映!新たなVRコミュニケーションツール「FACE」を開発!

Date
2017.05.29
Category
技術
Written by
編集長

コロプラ子会社360channelの新プロジェクト始動!新たなVRコミュケーションツール「FACE」が新時代すぎた件!

FACE

コロプラの100%子会社でVR関連事業に力を入れている360channelは、VRヘッドセットを装着した状態で、装着した人の表情をリアルタイムでアバターに反映させる事が出来るVRコミュニケーションシステム『FACE Face And Communication Entertainment』を開発した。表情をアバターに投影するというVR技術の新たな領域に踏み出しており、コロプラが自信も持って世に贈る最新技術だ。

間違いなく世界で唯一の技術と語るコロプラ代表の馬場氏

メディア向け発表会ではコロプラ代表の馬場功淳氏から本プロジェクト始動に至る経緯と概要の説明があった。

FACE

コロプラとしては珍しく、研究開発案件の記者発表。
これまでコロプラグループはVR業界に興味を持ち、開発や投資を繰り返してきた。コロプラ自体はゲーム会社なので、まずはゲーム分野への応用を考えていたが、それ以外で一番活用の場があると考えていたのが、コミュニケーションツールとしての活用。

世界中の技術に目を向け、様々な技術を知る中で、それらの組み合わせによって最高のコミュニケーションツールを作れるのではと思いプロジェクトを始動させた。

その後技術選定を行い協力をお願いしたのが、FOVEさん(視線追跡型のVRヘッドセット)、BINARYVRさん(表情をトラッキング)、HOLOTECKSTUDIOさん(表情データをアバターに反映)の3社。この3社の技術の集約によってFACEを生み出す事ができた。

FACE

空気感や表情の変化、そして目線。これらに音声を加えた複合的なツールは、おそらく全世界でここにしかない。
今まさにここにしかない、VR業界の人全員が夢見ていた技術が出来上がった。と自信を持って語っていた。

事業化・ビジネスモデルはまだ考えておらず、本日の発表をもって世界に後悔し、反応を見つつ今後の成長を期待していきたい。と語っていた。

FACE

360channel澤木氏:FACEはVR業界でメインストリームとなる

FACE

本事業の責任者である360channelの澤木氏から、FACEに関する事業概要と今後の可能性の説明があった。
アバターに表情をリアルタイムで投影するだけでなく、今後の未来として、笑ったりする表情を自動的に検出してトラッキングする事が出来る。つまり動画などのコンテンツを視聴しているユーザーの表情を自動的に検出して、どのタイミングで笑顔になったかを検出、自動的に「いいね」をつける事が出来るようになる可能性もあると語った。

これまでのソーシャルメディアのあり方を劇的に変えうる可能性があるのがFACE。今後VR業界でメインストリームとなりうる技術であるとしていた。

FOVE代表小島氏:目と目を見て行うコミュニケーションが重要

FACE

続いて登壇したFOVE代表小島氏。
VR業界でもアイトラッキングへの関心が高くなってきていると語る。
FOVE立ち上げ当初より、目と目をみて行うコミュニケーションを大切にしていきたいと考えてきた小島氏は、FACEによって、アバターを通じて目と目が合う体験を実現する事が出来たと確信。この事業に携われた事を非常に嬉しく思っている。と語っていた。

FACE

今までにない未来がFACEによってもたらされる

発表会で登壇した360channel澤木氏、FOVE小島氏に加えて、360channel中島氏による3名でトークセッションが行われた。

FACE

「FACEを体験していかがでしたか?」という質問に対して小島氏は「今まで体験した事のない事を想起させてくれるVRコンテンツ。単純に感動した。澤木さんに美少女アバターになってもらって体験したが、リアルにときめいてしまった笑」と話す。

「今までのアバターと違って、人間の微細な動きを細かく再現してリアルな感情体験が出来るため、アバターを介するコミュニケーションをとる事で、普段対面で感じる印象とは違う、新たな印象を抱く事が出来る。アバターの体験によってポジティブな感情変化が生まれる。」
と語っていた。

FACE

表情が表現出来るようになったが、次に加えたい機能は何かという問いに対して、澤木氏小島氏共に「ボディーランゲージを表現できるようにしたい」と回答していた。コミュニケーションを行う上で重要になってくる要素で、今後この動きもアバターに投影出来るようにしていきたいとの事。

FACEには無限の可能性がある

FACE

FACEの活用用途の関して小島氏は、離れた場所の人同士で行うバーチャルミーティングだと語る。
離れた場所にいる人とブレストをする時の相手のリアクションを見ながら行う必要があるので、表情や相手のリアクションを認識する事が必須。これがFACEがあれば出来る。としていた。

澤木氏はVRコンテンツの中でアバターを使った番組が作れるのでは。と今後の可能性を示唆していた。
また動画を見た時にどこを見てどのような感情を抱いたかというデータが取れるようになるので、より厳密なコンテンツに対する評価レビューや動画内でどのタイミングで盛り上がったか、などの統計が取れるようなツールにもなるとの事。

実際にFACEを体験してみた

アバターを選択しVR空間内で他者とコミュニケーションをとる事が出来る。

FACE

VRヘッドセットを装着すると、ヘッドセット内で表情をトラッキングし、アバターにリアルタイムで反映されていた。
変換のタイムラグなどはなく、まさにリアルタイムで表情の変化を確認する事が出来たので、スムーズなコミュニケーションを行う事が可能なようだ。

FACE FACE

目の開閉だけでなく、口の動き、頰の膨らみ、首の振りなど、顔の表情や動きの変化を的確にトラッキングする事が出来たいた。これまで固定の表情だったアバターに対して自分の感情を投影出来るようにになる。

現時点ではまだ研究開発段階で、今後様々な企業と連携をとり、VR業界において実用的なコミュニケーションとして発展する事を目指すという。
VR業界で大きな話題を呼ぶ可能性を感じる技術「FACE」の今後に期待したい。

広告




広告




広告




広告