VRの世界で触れる!感じることができる!?手袋型コントローラー「VRgluv」がKickstarter開始を発表!

Date
2017.04.26
Category
未分類
Written by
編集長

圧力感度を備えたVRのための触覚フィードバック・グローブを開発するトランタベースのVRチーム「VRgluv」は、現地時間4月25日からKickstarterキャンペーンを開始することを発表しました。


Kickstarter(キックスターター)とは、「こんな商品を作りたい」という人が立てた企画をみんなでお金を出して支援し、実現させる、ということを目的としたプロジェクトです。

本デバイスは、指のトラッキング(動きを感知し追跡する)を可能とし、5本すべての指の動きを再現します。
ユーザーは、手を使いバーチャルオブジェクトをコントロールするだけではなく、実際に触れる、感じる、掴むことができるとのこと。また、硬いや軟らかいなどの物体の感触も味わえるようになり、よりリアルなVR体験が実現可能となりました。

VRgluvスペック


《忠実度の高い手と指の動き》
手と指の動きを高い精度でトラッキングして、VR空間の手とプレイヤーの手が同じものだと感じさせることができ、ゲーム内での複雑な動作が可能となるため、よりリアルで自然な体験ができるようになっています。
さらに、コントローラーアタッチメントポイントをユーザーの手に付けることで、全回転の手首トラッキングも可能となっている。



《握る力の感覚》
「Vrgluv」は、指が伸びているか曲がっているかを入力するだけの装置ではなく、どの程度の力が掛かっているかを測定することもできる。
これにより、軽くつまむ、普通に握る、力を入れて握りしめるといった動作の区別も可能となっている。画面内の手を動かしているという感覚を脱して、実際にVR空間で手を動かしている感覚を作り出すためには重要なポイントであり、これまでのコントローラーにはない機能です。



《物体の再現性》
Vrgluvを付けてVR空間のオブジェクトを掴むと、その物体の形を再現して仮想物体を感じることができる。これは、車のハンドルや野球のボールを握ったら、実際に握っているような感覚を再現できるようになっているとのこと。
触れた物がリアルに感じることができるということは、「サマーレッスン」の宮本ひかりちゃんと腕相撲したり、ひかりちゃんと手を握ったり、ひかりと・・・なんて楽しみがふえますねー!
こういった技術が大きく進歩して、今後の医療や生活などにも活躍してほしいですね!

《ハードウェアの互換性》
グローブはユーザの手の大きさに合わせて調節が可能になっている。ケーブルなどは無く、重量もゲームを遊ぶときに邪魔にならないように軽量化されており、全ての人に合わせたデザインとなっている。
全てのハイエンドVRヘッドセットと互換性があり、本体に取り付けるコントローラーを交換すれば数秒で他のVRシステム用になるという。
VRgluvはVive Tracker、Viveコントローラー、Oculus TouchのハイエンドVRヘッドセットシステムに対応しており、この三つのコントローラーなら付け替えも簡単に行えるようです。

VRgluv

VRの機能もただ見るだけだったものが触れるへと進化して、着実に映画や小説の世界が身近に迫ってきていることを感じますね。次は味覚や嗅覚といった機能が来るんじゃないかと想像するだけで、楽しみで仕方ありませんね!

小売価格は579ドル(約6万円)、Kickstarterでは最大40%オフで購入できるとのこと。
公式サイトのe-mailサインアップに登録することで、VRgluvについての最新情報が届くようになるので、気になった人は、今すぐチェックだ!

「Vrgluv」公式サイト

https://www.vrgluv.com/

広告




広告




広告




広告