360°VR対応カメラ「360fly」純正アクセサリー2製品が15%オフで買えるキャンペーン中!

Date
2017.03.08
Category
未分類
Written by
編集長

360fly」正規アクセサリ「ダイブハウジング」と「プロテクティブケース」がfacebookでいいねをすると15%OFFのキャンペーン中!
購入するなら今がチャンス!

360fly

目次

プレス内容

フロンティアファクトリーは、360度VR対応アクションカメラ「360fly」専用アクセサリー「ダイブハウジング」「プロテクティブケース」を、全国の取り扱い店や公式ストアで、3月10日(金)から発売を開始する。
「ダイブハウジング」は360flyシリーズ専用の水中撮影用ハウジングで、水深40mまでの水中撮影が可能になる。価格は6,980円(税別)。「プロテクティブケース」は専用の保護ケース。360flyに装着することで、本体やレンズを汚れやキズから保護。価格は4,980円(税別)。

フロンティアファクトリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:奥田哲生)は、好評発売中の360度VR対応アクションカメラ「360fly」シリーズの専用アクセサリー「ダイブハウジング」「プロテクティブケース」の2製品を、弊社が運営する360fly公式ストア(フロンティアファクトリー・ダイレストア)ならびに全国の取り扱い店で、3月10日(金)から発売いたします。
また、同アクセサリーの発売を記念して、360flyJapan公式Facebookページに「いいね!」をしてくれた方に、360fly公式ストアで360fly 4K & HDが15%オフで買えるクーポンをプレゼントするキャンペーンを、3月12日(日)まで実施しています。

ダイブハウジング

「ダイブハウジング」は360flyシリーズ専用の水中撮影用ハウジングです。360flyシリーズに装着することで、本体の防水性能を超える水深40mまでの水中撮影が可能になります。また、360fly 4Kは本体だけで10mまでの防水性能を持っていますが、本体の防水性能が1mまでの360fly HDでは水没による故障などのアクシデントを防ぐためにも、水上や水辺での撮影でもダイブハウジングの利用をおすすめします。
360flyシリーズに装着したまま本体のワンプッシュボタンの操作、標準的な三脚穴である1/4-20UNC規格に対応するアクセサリーをとりつけることが可能です。

プロテクティブケース

「プロテクティブケース」は360flyシリーズ専用の保護ケースです。360flyシリーズに装着することで、本体やレンズを汚れやキズから保護します。材質は、レンズ保護部分がアクリル製、本体保護部分はラバー製です。なお、本体保護部はアクセサリーの接続のため、本体底部付近を露出させるデザインになっています。
360flyシリーズに装着したまま本体のワンプッシュボタンの操作、標準的な三脚穴である1/4-20UNC規格に対応するアクセサリーをとりつけることが可能です。

360flyJapan公式Facebookキャンペーン

新たな専用アクセサリー「ダイブハウジング」「プロテクティブケース」の発売を記念して、360flyJapan公式Facebookページ上でキャンペーンを実施いたします。同Facebookページに「いいね!」をしていただいたお客さまに、360fly公式ストアで360fly 4K & HDが15%オフで購入できるクーポン(有効期限:3月12日(日)まで)をプレゼントします。キャンペーンの詳細は、360flyJapan公式Facebookページをご覧ください。

◎ 360fly フロンティアファクトリー・ダイレクトストア
https://direct.frontierfactory.co.jp/360fly/camera/

360flyシリーズ 概要

360flyはマサチューセッツ工科大学とならぶ米国屈指の名門工科大学であるカーネギーメロン大学のロボット研究所で誕生し、映像撮影の革新と映像表現の可能性を拡大するため、ロボット開発用に蓄積されたテクノロジーを転用し、開発されました。
広い視野角(H360°× V240°)を持つ超ワイドアングルレンズをひとつと、バッテリー、メモリー、各種センサーなどの撮影に必要なすべての機能を個性的な球体形状のボディーに搭載したオールインワンの360°VRアクションカメラです。ひとつのレンズだからこそ、継ぎ目もソフト処理による不自然な補正や合成も存在しない、ありのままの臨場感ある360°映像を撮影できます。

360flyは無料の専用アプリ「360fly」(iOS/Android)ですべてをコントロールでき、スマートフォンをライブビューファインダーにした撮影やリモート操作はもちろん、撮影した映像への効果や音声トラックの追加といった編集までもできます。さらに、それをダイレクトにYouTube、FacebookなどのSNSにアップしてインタラクティブ360°映像として共有できます。また撮影した映像をアプリからワンタップでVRに変換でき、一般的なVRヘッドセットを使って簡単にVRで楽しめます。
ゴルフボールをひと回り大きくしたような直径約6cmのコンパクトなボディーには、防水、防塵、耐衝撃、耐低温というタフな性能を備え、どこへでも持って行きアクティブな撮影ができます。

360度カメラの使用場所は、水中やアクティブなスポーツ中に求められる事が多いので、このような性能の純正アクセサリーは需要が高くなっていく事でしょう。

広告




広告




広告




広告